挙式の情報はここから!


このサイトでは、挙式における費用相場というテーマでお役立ち情報を凝縮しています。
同じ式でも規模によって予算は違うので、小規模の場合と大規模の場合を分けてそれぞれ準備したいお金の平均額をお伝えします。
また、支払うお金はご祝儀で賄えるかどうかという問題も気になる話題のため、現実的にはどうなのか、お話する予定です。
その他、お金を親から援助してもらうパターンなど、支払いの時に困らないよう関連したお話をまとめてピックアップしているので一読しておくと経済面でも安心できるでしょう。

挙式における費用相場

挙式における費用相場 挙式にかかる費用相場はゲストの人数や内容になっても異なりますが、余裕の範囲内で行うことが重要です。
ウェディングイベントはお金をかければキリがないほど本当に膨大な予算がかかってしまいます。
ただ、節約路線で行けばほとんどお金をかけずに済ませることもできます。
ゴージャス路線にしても節約路線にしても、大事なのは花嫁さんとお婿さんの意見が合っていることです。
担当プランナーさんと打ち合わせをする前に、事前に二人でよく話し合っておきましょう。
自分はお金をかけて盛大に挙式したいのに、相手が節約派だと、打ち合わせの最中に口論になってしまうこともあります。
お金の価値観は恋人、夫婦同士でも違うので、経済面での話し合いはいざ結婚生活が始まってからもプラスになります。
意見が食い違っても、喧嘩越しにならずにお互いの意見を尊重し合えば、良い妥協点が見つかるのではないでしょうか。

挙式の規模によって費用は変わることを知っておこう

挙式の規模によって費用は変わることを知っておこう 人生においてたった一度の挙式ですから、なるべく大勢の人を呼びたいと考える人は案外多いものです。
しかし、結婚式を挙げるのであれば必ず、費用がかかります。
規模を大きくした場合、より大きなお金がかかる可能性もあるのです。
たとえば、家族のみを呼んだ挙式の場合10名程度の参列を予定します。
その場合の挙式の平均額は140万円程と言われています。
これが友人などを呼ぶことになると20名となりますから、費用は170万円と計算できるでしょう。
30人で幅広い関係者を呼べば、200万はかかると予想されるのです。
もちろんこれらには両親からの援助や、ご祝儀などは含まれていませんので、実際にはよりミニマムな価格になる可能性があります。
ご祝儀は地域によって金額が異なります。
さらに、北海道になると会費制という形を取りますので、挙式を行う地域や誰を呼ぶかによって、収支は違ってくるのです。
規模ではなく挙式内容から節約を考える、というカップルも存在します。
式料から料理代、衣装代やお花代など項目は多いのが普通ですから、どの項目の金額を減らすかはカップル次第となります。
日にちや時間にこだわらないことや、季節を選ぶといった節約法もあります。
適切な規模を考え、式を挙げるように心がけましょう。

幻想的な空間で感動を共有できるチャペルでの挙式

洗練された素敵な空間がチャペルであり、挙式を挙げる際に人気があります。利用をする会場にもよりますが様々な色を使ったステンドグラスが使われていると、外からの自然光が柔らかく入りますし幻想的で美しいです。
パイプオルガンを置くこともありますから、まるで海外映画の挙式のような最高の思い出になります。
雰囲気としてはまさにロマンチックという言葉が適切、新郎のスーツも花嫁のウェディングドレスもその雰囲気に合ったタイプを選べるのも楽しいです。
ベールダウンをしたり長いバージンロードを歩いたり、これまで育ててくれた両親をはじめ友達や支えてくれてきた人たちに、しみじみを感謝の思いを持つことができます。
新郎新婦だけではなく当日参加してくれたゲストも、皆が感動をする日になるのもチャペルでの挙式です。
会場では挙式のみを行いますので、披露宴は別途移動をしての開催になります。特に披露宴を考えてはない、親族だけのささやかな式にしたいカップルにもピッタリです。

挙式に友達を呼ぶ?呼ばない?身内にだけにお披露目が良い理由

結婚は人生における大きな節目でもあり、その道を通る人もいれば通れない人もいますが、少し前から世の中も大分変わってきていますよね。
2人で生計を一緒にするが籍を入れない人、結婚はするが苗字を変えない人、籍だけいれる人など様々が夫婦感が目立つようになってきました。
昔の様なゴンドラを使って新郎新婦が登場する結婚式もあまり見なくなり、至ってシンプルになっている感じがします。
披露宴を行うよりも、レストランウェディングや挙式のみといった結婚式が主流になってきています。
シンプルになっている事により、悩ましいのが招待客の選別です。
披露宴やレストランウェディングだと、ある程度の人数は呼ぶことが出来ますが、挙式のみ行うとなると招待できる人数は限られてきます。
最近では、挙式のみという方も増えてきているので、親族のみで執り行うのも良い方法かもしれません。煩わしい、仲の良い友人と友達の境目を考えなくて済むのではないでしょうか。

挙式の準備を始める時期はいつからがいいのか

結婚式の準備は大変というイメージがあるのではないでしょうか。
また、結婚式場まで足を運ぶまでが躊躇してしまってる方もいるのでは。
結婚式を挙げようと思っているならば早めに行動に移したほうがベストです。結婚式当日まで決めなくてはいけないことが多く、時間がかかり、当日が近づいてくるにつれて慌ててしまいがちです。
試食付きだったりイベントのようなブライダルフェアをやっている式場も多いので、まずは見学から行ってみるといいでしょう。挙式の予約は基本的に一年前からできるようになり、8か月前から10か月前がよいと言われています。
挙式する日を決めるところから始まります。
希望する日があるならば、早めに予約するといいかと思います。かつてジューンブライドといわれていた6月もまだそこそこ人気な時期ですし、最近では過ごしやすい10月11月といった秋頃や、5月も人気です。思い入れのある日があるならば早めに予約して日時をおさえられるといいですね。
希望する日を予約して、安心して準備を進めたいものです。

挙式当日に美しい姿でいたいならエステを利用しておくのがおすすめ

結婚式は知人や親戚など多くの人に見られる機会になるので、自分を一番美しい状態にしておきたいという人が多いのではないでしょうか。
そういった希望を持つ花嫁さんは少なくないため、挙式当日までにブライダルエステに行って美しさに磨きをかけておくという準備をする人が多く見られます。
ブライダルエステに行く回数やどんな施術を受けるのかは、それぞれの花嫁さんのニーズによりますが、挙式の時に何を着るのかによっても変わってくる傾向があります。
和装での挙式なら肌が露出する部分は少ないので、フェイシャルケアを受けて当日顔がキレイに見えるようにしておくのがおすすめです。
それに対して、ウェディングドレスを着る予定で二の腕や背中などが露出するデザインを選んでいるなら、それらの部分が引き締まって見えるような施術を受けるのも役に立ちます。
また、シェービングで顔や背中などの産毛を剃ってもらうのは、挙式当日に肌がキレイに見えたり化粧ノリが良くなる効果が期待できる点が人気になっています。
満足できる姿で結婚式を迎えるためには、早めにサロンで自分の目的に合わせた施術や通い方について相談をして、計画的に利用しておくと良いでしょう。

引き出物の相場を調べてみよう

結婚式を挙げる際、ご祝儀をいただくことになりますが、会費制にするという事でない限りは引き出物を準備するのが日本のならわしです。
何か形に残るものと引菓子を合わせるというのが多いです。そこにプチギフトとして、披露宴の最後にお見送りをするときにお渡しするというケースも多いでしょう。
ちなみに引き出物の相場をみてみますと、3000円から7000円程がゾーンです。5000円ぐらいでおさめることが多いですが、親戚の場合はご祝儀の額も多くなりますし上司や社長などが来てくれた場合にも、ご祝儀が多いことが想定されます。
あらかじめ内容を分けておいて値段も分けるというのもありですし、上司などの場合はあとから別便でお届けするというケースもみられます。
ウェディングの場合は、出来るだけ持ち帰るものが少ない方が良いという事で、カタログを選ぶ方も増えています。
ウェディングのカタログも種類が豊富ですので予算に合わせて選べます。

海外風挙式をする時に日本でも取り入れられる習慣

海外風挙式では挙式前日からパーティーを行うのが一般的です。新婦を中心に女性だけで行うのがバチェロッテ、新郎含む男性だけなのがバチェラーパーティーと呼ばれます。
気の合う同性の友人たちと独身最後の夜を楽しむのが目的です。
式のスピーチは日本のような固く苦しいものではなく、盛り上げるきっかけにしましょう。選ばれるのは新郎の友人や兄弟の3人で、彼らはベストマンとなり多くの人に期待されながら楽しいスピーチを行います。
カジュアルすぎるのに抵抗がある場合は、明るい性格の上司にお願いするのも良いです。
海外ドラマなどでよく目にする式の途中でグラスを鳴らす行為は、グラスクリンキングキスと呼ばれます。
ゲストがフォークでグラスを鳴らすたびに、新郎新婦はキスをしなければなりません。
日本ではあまり行儀が良い行為ではないので、グラスの代わりに各席に小さなベルを置くのがおすすめです。会場にいる全員が参加するダンスタイムも、海外風でおしゃれな演出になります。

ガーデンでする挙式を成功させるためのポイント

緑豊かなガーデンで素敵な挙式をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。一生に一度の結婚式には、お洒落で印象深い結婚式をしたいというのであれば、このようなスタイルでおこなうのも素敵です。
しかし屋外で結婚式をするとなると、気を付けておきたいポイントもいくつかあります。
もし配慮が足りなかった場合、満足感のあるウェディングにならないことも考えられるため注意が必要です。
ガーデンでする挙式を検討しているときには、いつおこなうかが大切になります。屋外での結婚式は天候や気候をダイレクトに感じることができるのが良い点でもありますが、気候や天気が良くなければ楽しめないこともあるからです。
一般的に気温が下がる冬の屋外ウェディングは注意した方が良いでしょう。また夏の場合には暑すぎたり、夜でも虫が気になったりすることがあります。
とはいえ気候の良い時期におこなえば、屋外での挙式は印象的で思い出深いものになるはずです。

日本で行われるチャペル挙式の神父さんは本物ではない

チャペル挙式の場合、神父さんの前で愛を誓い合います。しかし日本の挙式では神父ではなく、牧師であることが多いです。神父はカトリックの聖職者で、厳しい教えを守り神様に認めなければなることができません。
そもそもカトリック教徒でなければ挙式すら受け付けてもらえないので、日本ではプロテスタントの牧師が担当することが多いです。
ただしこれにも大きな誤解があり、日本ではバイトの牧師が行っているのがほとんどなので宗教的な意味合いはありません。
教派によっては資格がいらないので、外国人留学生や副業でもなることができます。日本人カップルは宗教的に厳かな結婚式を望んでいないケースが多く、バイトでも問題になりません。
本物だと考えていた人にとってはショックな事実ですが、牧師専門の登録型派遣会社など所作についてはしっかりマスターしています。
本物の神父や牧師にお願いしたい場合は、事前に相談し費用を上乗せする必要があります。

挙式と結婚式の違いや特徴を把握しておく事がポイント

カップルが夫婦となる際にイベントとして結婚式を挙げる場合は多くありますが、よく聞く言葉として挙式もあります。実際にこの2つの違いを把握しておく事がポイントになる事も多いので、式を予定している場合であれば理解しておくとよいです。
まず挙式ですがこれは夫婦となるカップルが結婚を誓いあう儀式の事を指しているので、キリスト式であれば教会で神父の前に近いを立てることを指しています。
結婚の式と聞いてイメージされる多くのゲストの前で食事の他に余興なども行われる会は、披露宴と呼ばれる会を指しています。
実際には挙式自体を結婚式と呼ばれていますが、挙式と披露宴の両方を合わせて結婚の式というイメージが強く持っている人が多いです。
誓いを立てる儀式や食事会や余興を行う会自体にはそれぞれ表す意味があり、総称して結婚する式とされていると考えるとわかりやすく理解する事が出来ます。
意味を理解しておく事で、混合せず準備を進める事が出来ます。

結婚式ではどのような挙式・披露宴をするべきか

結婚式をしたいけれど、どのような挙式や披露宴をすれば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
新郎新婦が満足でき、さらにゲストにも楽しんでもらえるようなウェディングにしたいため慎重に検討している場合には挙式や披露宴の内容に迷ってしまうこともあるものです。
そのようなときには新郎新婦が希望する理想的な結婚式をするために優先することをピックアップしていくと、決めやすくなる可能性があります。
それぞれの人によって結婚式に対して譲れないことや大切に感じられることがあると考えられますが、それらの優先度合いから取り入れることや諦めることを決めていくのです。
そうすれば、希望に合うような結婚式にすることが出来る可能性が高まります。
しかし具体的な案が分からないため、決められないというのであればまずは情報収集をすることをおすすめします。雑誌やインターネットなどで、様々な結婚式の演出例を調べるのがお勧めです。

もっと挙式の情報を探すなら

神戸で挙式を挙げる

新着情報

◎2022/2/3

情報を更新しました。
>海外風挙式をする時に日本でも取り入れられる習慣
>ガーデンでする挙式を成功させるためのポイント
>日本で行われるチャペル挙式の神父さんは本物ではない
>挙式と結婚式の違いや特徴を把握しておく事がポイント
>結婚式ではどのような挙式・披露宴をするべきか

◎2021/10/7

情報を追加しました。

> 幻想的な空間で感動を共有できるチャペルでの挙式
> 挙式に友達を呼ぶ?呼ばない?身内にだけにお披露目が良い理由
> 挙式の準備を始める時期はいつからがいいのか
> 挙式当日に美しい姿でいたいならエステを利用しておくのがおすすめ
> 引き出物の相場を調べてみよう

◎2021/5/25

挙式の演出シーン
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

挙式のキスについて
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

挙式の費用を親から援助
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

挙式の費用はご祝儀で賄える?
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「挙式 費用」
に関連するツイート
Twitter

【結婚式の費用を抑える方法-割引一覧-】 ・1月2月や8月、ゴールデンウィークなど ・平日挙式割引 ・仏滅などお日柄割引 ・直前割引・○ヶ月前割引 ・ナイトウエディング割引 ・特定の日付や会場のみ利用できる、限定割引

あっち(バル)と違って、ルカの結婚式は挙式だけだから、費用はそんなにかからないよ。

婚約から結婚・挙式・新婚旅行までにかかる費用の首都圏平均は478.6万円です。 (内訳) 婚約指輪36.8万円 結婚指輪24.8万円 新婚旅行62.9万円 挙式・披露宴377.9万円 初回デートの数千円を割り勘にする男に結婚は無理です。

【結婚式の費用を抑える方法-割引一覧-】 ・1月2月や8月、ゴールデンウィークなど ・平日挙式割引 ・仏滅などお日柄割引 ・直前割引・○ヶ月前割引 ・ナイトウエディング割引 ・特定の日付や会場のみ利用できる、限定割引

今回挙式費用が嵩むのとオーストラリアのハネムーンも最初の見積からかなり高くなってしまって挙式〜新婦手紙のロングの撮って出しエンドロールはやるけど、それとは別に予定してたシネマロールって1時間弱の映画撮りは諦めざるを得ないことに🫠